インナー

Hanes T-SHIRTS Japan Fit 白Tならとりあえずこれを買えばいいのでは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

暑くなって半袖のシャツを着る機会が増えてくると、地味に活躍するのがシャツの下に着るアンダーウェア以上の Tシャツ。

素肌にシャツという男らしい着こなしも、タンクトップに合わせるのもアリかもしれませんが、シャツの下にはTシャツ、という組み合わせが一番使いやすいのかなと。

暑くなったらシャツを気軽に脱げるし、温度の調節がやりやすいというメリットがあります。

そんな用途で使うなら Hanes T-SHIRTS Japan Fit がお薦め!というのが今回のお話です。

Hanes T-SHIRTS Japan Fit とは?

Hanes と言えば、昔からパックT が有名ですよね。

私も、中学生のころ「アメカジ」ブームで意味も分からず買ってきていた記憶があります。

25年くらい前でしょうか・・・

まぁ、そのくらい昔からあるアイテムですが、個人的にはサイズ感がゆったりし過ぎていて、インナーで使うには良いけど、一枚で着たり、上に一枚羽織る程度で使うのは厳しいな、と言う印象でした。

「日本人の心地良さのために」をコンセプトとしたヘインズを象徴する
パックTシャツです。「インナーにはもちろん、アウターとして
1枚で着られる」というヘインズが生んだ文化を継承し着丈、袖丈、身幅を
日本人に合わせ、絶妙なフィット感を実現しました。
『製品洗い』に加えて『甘撚りのやわらかい糸』を使用することで
ソフトで心地良い風合いを実現しました。
http://www.hanes.jp/products/hanes-t-shirts-japan-fit/

Japan Fit はその弱点を克服するべく、日本人の体形に合わせたモデルです。

ショップとのコラボモデルなんかも多く出回ってますね。

こちらは green label relaxing のパッケージ

首のロゴが違うだけで中身は同じなのかな?っと思います。

こちらは今年買ったGLRのJapan Fit
こちらは数年前に買ったBeamsのJapan Fit

今年のモデルから、「透けにくい5.3オンス」にアップデートされています。

Hanes T-SHIRTS Japan Fit のサイズ感など

サイズ感的にはコンパクトな印象。

ジャストサイズを選ぶと、肩がぴったりしていて着丈は短めな感じ。

一枚で着たり、半袖のシャツの下に着たりするのにちょうどいいサイズ感ではないかと思います。

着丈は短めですが、お腹が出たりとか、パンツにインしてもすぐに出てくるほどは短くないので、その辺りはうまく作られているのかなと。

この写真だとぴったりしているように見えますが、実際には結構余裕があります。

襟の感じも適度に緩く、ニットやセーターの下に着た際に少し見えていたとしても嫌な感じではありません。

なので、秋冬にインナーとして使うこともできます。

とても考えられたサイズ感ではないかと思います。

実際に数年使っていますが、とにかく使いやすいので重宝します。

一枚で着るのはちょっとキツイかも・・・

サイズ感的には一枚で着てもOKだと思いますが、白いので胸を張っていると乳首が少し透けます。

とは言っても、そこまでひどい訳ではないので暑い時に一時的に一枚でいる分には有りかなと、個人的には思いますが、常時一枚で着るのは無しかなと。

なので、何かの下でインナーとして使うのがベストかなと。

一枚で着たいなら、BEEFY-T がオススメです。(Hanes なら)

これはこれで、コスパの高い Tシャツです。

オススメの使い方

と言う訳で、今の季節なら半袖シャツの下に着るのがオススメ。

安っぽい質感ではないので、シャツのボタンを全開にしてても嫌な感じはないと思います。

ヘビーウェイトのTシャツの下でインナーとして使ってもいいですね。

Goodwear のポケTとかオーラリーのスタンドアップT とかの下で。

寒くなってきたら、スウェットやニットの下に着てもいいと思います。

とても着心地がいいので、単純にインナーとして使うだけでも良いと思います。

部屋着としても秀逸。

そして何と言っても安い。

コスパ最強だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*